AGA治療の副作用

AGA治療の副作用

AGA治療薬で最もよく処方されている
プロペシアとミノキシジルはFDA認定されている事でも知られています。
薄毛・抜け毛・発毛効果が期待できる薬でもあるのですが、
副作用があることでも知られています。

 

AGA治療薬でしかも病院から処方されている、
となれば安心して使えるものだろうと思う方も多いかもしれませんが、
実際に副作用は報告されているので注意が必要です。
更に、個人輸入をして個人でこれらの薬を服用して居る方はとくに気を付けなければなりません。

 

 

AGA治療薬で使われているプロペシアとミノキシジルの副作用とは一体どういうものがあるのでしょうか。

 

プロペシアの副作用

プロペシアは処方薬の名前でこの薬の主成分はフィナステリドです。
フィナステリドを使う薬はプロペシアの他にエフペシアやフィンペシア、フィンカーなどがあります。
現在日本ではプロペシアのみの取り扱いとなります。
髪の毛が生えやすいというメリットがある薬なのですが、
プロペシアには前立腺肥大症・勃起不全・倦怠感・蕁麻疹などの副作用が報告されています。
プロペシアは5-αリダクターゼの活動を抑制する効果があるため、
男性特有の副作用が出やすいのです。
また、プロペシアは未成年や前立腺の病気を患っている方や女性は使うことができません。

 

ミノキシジルの副作用

一方ミノキシジルは、血管を拡張させて血圧を下げる効果を持っているのですが
元々は高血圧の人のために開発された薬でもあります。
ミノキシジルは高血圧患者に処方したところ毛が生えてくるという副作用の産物でもあるのです。
ミノキシジルを塗布した場所は血管が拡張して血行が良くなり、
育毛剤の栄養素が効率よく送られるメリットがあります。
ミノキシジルは市販されている育毛剤にも使用されているので、
医師に相談しなくても自己判断で使用する事が出来る成分でもあります。
ミノキシジルの副作用は、脂漏性皮膚炎やじんましん、頭皮の痒みやかぶれなどの症状があります。
更に、ミノキシジルは元々高血圧患者のために開発された薬でもあるため、
血圧が低い人が使用すると場合によっては血圧が下がりすぎてしまう副作用があります。
そのため、ミノキシジルは心臓病や高血圧を患っている方、血圧効果剤を服用している方、
頭皮トラブルを抱えている方は使用する事が出来ません。

 

 

いずれの薬も副作用はありますが、発毛や育毛、抜け毛対策に効果を持つ成分でもあるので
しっかりと副作用を知って使用すると良いかもしれません。

 

 

【関連記事】
>>AGA治療薬とは
>>プロペシアの詳細
>>ミノキシジルの詳細