AGAの種類について

AGAの種類について

AGAはAndrogenetic Alopeciaの事で、男性型脱毛症の事を言います。

 

成人男性に多い薄毛の状態の事で、AGAは一般的に男性ホルモンの影響が大きいと言われています。
この男性ホルモンによる影響で抜け毛や薄毛が目立つようになってしまうのです。

 

AGAには種類があります。
頭頂部から進行していくタイプ
前頭部から進行していくタイプ
生え際から進行していくタイプ

 

AGAの薄毛は少しずつ進行していくという特徴を持っています。
額の生え際の場合、どちらか片方、または双方から薄くなったり毛包が
成長しにくくなって髪の毛がしっかりと成長していく前に抜けてしまいます。
ですが、AGAは薄毛になっても産毛は残っているという事があります。
毛包があれば髪の毛はしっかりと育っていく可能性もあるのが特徴です。

 

AGAは全国で1260万人以上、気にかけている人は800万人以上と言われています。
確実に進行していくAGAは早目の対処や処置が必要になるのです。

 

また、AGA治療にも種類があります。
服用するタイプのプロペシア、外用薬のミノキシジルなどの種類があり、
この他にもサプリメントでの治療など様々な種類があります。
症状や原因、進行具合によって治療法が異なるので、
AGA進行を阻止したいという方・AGAが気になりだした方は
是非この機会にAGA治療を行ってみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】
>>プロペシアの詳細はこちら
>>ミノキシジルの詳細はこちら