AGAになりやすい人

AGAになりやすい人

現在、日本に1000万人以上いると言われているAGA(男性型脱毛症)予備軍。
最近は10代でもAGAになるというケースが増えてきています。

 

AGAの原因は男性ホルモンだと言われています。

男性ホルモンのテストステロンは体毛を濃くしたり男性らしい体を作るために重要な働きをするのですが、
頭皮にある5αリダクターゼという酵素はテストステロンを
より活発なジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変えてしまいます。

 

このジヒドロテストステロンが抜け毛を促す成分になるのです。
AGAになりやすい人は、AGAの遺伝子要素を持っている人になります。
AGAは、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい体質の人がなりやすい薄毛になります。
現在、このAGAの遺伝子を持っているのかどうかを気軽にチェックすることができます。
病院はもちろん、自宅でも簡単なキットで検査をすれば自宅にいながら
AGAになりやすいのかを知る事が出来るので気になる方は、
是非この検査を行ってみてはいかがでしょうか。

 

このほかにも、AGAになりやすい人はいます。

ストレスを溜め込みやすい人

喫煙者

食生活が偏っている方

慢性的な睡眠不足が続いている方

はAGAになりやすい人です。

 

ストレスや喫煙は血行不良を招き、この血行不良によって
髪の毛を成長させるのに必要な栄養を頭皮に十分に届けることができず、
結果として抜け毛を増やしてしまうのです。
また、睡眠不足もAGAになりやすくなります。
髪の毛も成長する成長ホルモンは夜に分泌されるので、
この時間起きていると成長ホルモンを十分に分泌することができず髪の毛の成長を妨げてしまいます。
偏った食事ばかりを摂っている方もAGAになりやすくなると言われています。
食事は発毛や育毛に大きな影響を与えます。
脂っこい食事ばかりを摂っている方は頭皮の皮脂が多くなり、
ビタミンやミネラルが不足していると髪の毛が十分に成長しません。
また、日本人の7割が亜鉛不足とも言われているので、
亜鉛はサプリメントなどで積極的に摂るようにするのもお勧めです。

 

質の良い睡眠や禁煙、野菜中心の食生活、軽い運動などは健康はもちろん
健康な頭皮や髪の毛を作り出します。
AGAは、遺伝も大きく関係していますが普段の生活や食事の内容にも作用されると言われています。
是非この機会にAGAになりにくい人になるために改善を行ってみてはいかがでしょうか。