AGAとストレスの影響について

AGAとストレスの影響について

男性型脱毛症のAGAは、ある程度の年齢で薄毛や抜け毛がゆっくりと進行していきます。

 

特徴は頭頂部とおでこの生え際がどちらか片方、または双方から薄くなっていきます。
また、毛包が十分に成長しないので髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。

 

AGAとストレスによる脱毛症は似ているが違う

AGAはストレスによる脱毛症と似ているので勘違いされる事も多いのですが、
ストレスによる脱毛症はいわゆる円形脱毛症と呼ばれることが多いのですが
こちらはAGAとは異なり基本的にまたすぐに生えてくる特徴があります。
ですが、ストレスによる脱毛症も対策をしないで放置しておくと
どんどん薄毛や抜け毛が進行してしまいます。

 

脱毛症とストレスの関係はまだはっきり解明されていないのですが、
ストレスを抱え込んで血流が悪くなってしまうのも原因の1つであると言われています。
ストレスが原因で薄毛・抜け毛が多いという方はストレスを溜め込まないようにするのが
薄毛・抜け毛対策となります。

 

AGAも血行が悪くなると症状が進行しやすい特徴があるため
血行促進の頭皮マッサージは欠かせません。
ストレスを抱えて薄毛が気になるという方は是非ストレス発散法を探してみてはいかがでしょうか。