AGAと生活習慣の影響について

AGAと生活習慣の影響について

AGAは男性ホルモンのテストステロンが頭頂部や生え際に多い5-αリダクターゼという酵素と
結びついてジヒドロテストステロンに変わり、薄毛・抜け毛が進行してしまうという
男性に多く見られる脱毛症です。

 

生活習慣も大きくAGAに影響します

AGAは男性ホルモンによる影響が大きいので、
生活習慣や食生活はあまり関係ないと思われがちですが、
実はこの生活習慣が原因で薄毛・抜け毛を加速させてしまうこともあるのです。
アルコールの過剰摂取をしている方は過剰な皮脂分泌によって毛穴を塞いでしまう他に、
肝臓で作られるたんぱく質が足りなくなり育毛や発毛を阻害してしまいます。
喫煙をしている方は血流が悪くなり髪の毛を育てる栄養が行き渡りにくくなってしまいます。
そして偏った食事ばかりをしている方は髪の毛の元になる
アミノ酸や良質なたんぱく質が不足している状態。
栄養素が足りないと丈夫な髪を育てる事ができません。
このほかにも、慢性的な睡眠不足が続いている方も危険で、
人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンの分泌が不足すると髪の毛も成長しなくなってしまうのです。
生活習慣や食生活、良質な睡眠はどれも丈夫で
健康な頭皮や髪の毛を育てるのに欠かすことができません。