AGAと男性ホルモンの影響について

AGAと男性ホルモンの影響について

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症と言います。

 

このAGAは成人男性によく見られる症状で、
思春期以降髪の毛の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていくというものです。

 

AGAは男性ホルモンのテストステロンの影響が大きい

一般的にAGAは男性ホルモンのテストステロンの影響が大きいと言われています。
男性ホルモンには髪の毛やヒゲなどの毛を増やす効果を持っているのですが、
頭頂部や前頭部の毛乳頭にある特殊な酵素と結びつくと
DHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛を加速させる物質を作り出してしまいます。
ですが、側頭部や後頭部の毛乳頭にはジヒドロテストステロンと反応する
受容体があまり無いので髪の毛が抜けにくいのです。

 

AGAは男性型、と名前が付いていますが実は閉経後の女性にも
発症する事が多く女性の場合は生え際には殆ど症状は出ませんが
頭頂部の髪の毛が薄くなるという特徴があります。

 

男性ホルモンの影響を受けやすい薄毛のAGAは、20代から40代の男性に多く見られ、
父親がAGAである場合遺伝する傾向がとても強いのも特徴です。
AGAはこの男性ホルモンの他にも生活環境や食生活なども原因であることが多いようです。
AGA治療で使用する育毛剤にはこの男性ホルモンを抑制する成分が
使われていることが多いのも特徴です。