AGA治療の平均的な期間は?

AGA治療の平均的な期間は?

AGA治療の平均的な期間は?

AGAは治療の種類や、使用する薬によって価格も異なります。治療の平均期間がわかれば、治療に掛かる大まかな金額がわかるので自分に合った治療法を見つけやすくなります。AGA治療は、治療内容や使用する薬の種類によって治療期間が異なります。この期間ですが、人によっては”抜け毛が止まるまで””完全に元どおりになるまで”など様々です。AGA治療に掛かる期間を具体的にご紹介していきます。AGA治療薬の内服薬の代表とも言えるプロペシア(主成分フィナステリド)は、医師の処方箋がないと買うことのできない薬です。こちらは最低でも6ヶ月間は様子を見ていきます。1日1錠服用。多くのふとは3年間の服用で98%の人が脱毛改善効果があるといわれていますが、早い人では3ヶ月で抜け毛ストップの効果が出ています。平均で半年間。次に、AGA治療薬の外用薬の代表であるミノキシジルですが、このミノキシジルは多くの育毛剤に使用されている成分でとくに処方箋などは必要がありません。市販されている育毛剤にも含まれているため、気軽に試すことの出来る成分でもあります。効果は、プロペシア同様に髪の毛のサイクルなどで6ヶ月間は様子を見て使用していく必要があります。ただし、ミノキシジルという成分は人によって初期脱毛を引き起こすことがあります。これはそのうち元に戻るので、ここで抜け毛が増えたといって使用を止めてしまうのはいささか勿体無い気がします。継続して初めて効果が分かる成分も多いからです。更に、初期脱毛は発毛でもっとも大事な毛母細胞の働きが活発になった証拠でもあります。ミノキシジルは投薬を開始してからおよそ1年間で90%の人が効果を実感しています。このほかにも、メソセラピーは細胞が活発な若い人の方が早く効果を実感しやすくなります。回数は1クール6〜10回、月に1度の施術でおよそ半年から1年程度。その後も年に1,2度メンテナンスが必要になります。そしてAGA治療でももっとも高価な自毛植毛は一度施術をすると2〜3ヶ月後に産毛が生えて半年後には植毛した部分の毛が生えて1年後には周りの毛に馴染みます。どの治療法も、髪の毛のサイクルによって半年〜1年程の期間が掛かります。AGA治療は保険適用外となります。治療費や治療薬に掛かるお金は全て自己負担となってしまうので、経済面・期間をしっかり考慮して続けられるAGA治療を選んでみましょう。

関連ページ

オーダーメイド治療とは?
AGA治療でよく聞く、オーダーメイド治療とは?
AGAの無料カウンセリングってどんなことするの?
AGA治療でよく聞く無料カウンセリングってどんなことするの?
AGA治療の流れを教えてください
AGA治療ってどんな流れで治療するのですか?
AGA治療とはどんな治療方法がありますか?
AGA治療にはどんな治療があるのか回答します。
AGA治療の平均的費用は?
AGA治療の平均的費用について回答します。
AGA治療に効果的なマッサージ方法を教えてください
AGA治療に効果的なマッサージ方法について回答します。