AGA治療薬とは

AGA治療薬とは

AGA治療薬は、ミノキシジルという外用薬とプロペシアという内服薬の2種類が最も有名です。
いずれも即効性はないもの、ある程度の期間・時間をかけて使用・服用をすることによって効果が現れます。

 

ミノキシジル

ミノキシジルは、国内外の臨床試験において発毛効果を確認することの出来た医薬品の成分です。
特徴は、髪の毛を作る毛母細胞に直接働きかけて細胞の働きを活発にして発毛を促進してくれます。
ミノキシジルには血管を拡張する効果があるので、
高血圧の方に処方されていたのですが処方された人に髪が増えたという事もあり
発毛剤としても注目されるようになった成分でもあります。
>>ミノキシジル詳細

 

プロペシア

プロペシアは1997年にFDAに認可された錠剤の飲む育毛剤です。
プロペシアの主な成分はフィナステリドで、
元々は前立腺肥大症を治すための薬として開発されました。
ですが、抜け毛抑制効果がある事も分かり、現在ではAGA治療に欠かせない薬の1つです。
>>プロペシア詳細

 

薄毛や抜け毛の原因や症状によって服用薬で治療をしたり、内服薬で治療していきます。
また、AGA治療はクリニックによってこの他にも薄毛や抜け毛に有効な成分を配合したサプリメント処方をしたり、
血行を良くする頭皮マッサージを行ったりします。

AGA治療薬とは記事一覧

プロペシアの効果と副作用

AGA治療薬として用いられているプロペシアとは、世界で初めて医師による処方が認められたAGA治療薬です。プロペシアは5-αリダクターゼをブロックする働きがあるプロペシアの主成分はフィナステリドという、5-αリダクターゼを阻害する成分が含まれています。5-αリダクターゼは男性ホルモンであるテストステロ...

≫続きを読む

 

ミノキシジルの効果と詳細

AGA治療では「ミノキシジル」と呼ばれる薬を使用することがあります。このミノキシジルは、髪の成長や発毛を促す効果がある外用薬です。もともとは血管拡張の薬と開発されましたが、血圧を下げる降圧剤としても使用されてきました。しかし、副作用で多毛症を引き起こすことがきっかけに、AGA治療にも転換できるのでは...

≫続きを読む

 

AGA治療薬のジェネリック薬品について

飲む育毛剤で知られているAGA治療薬にはジェネリック薬品もいくつか存在します。このAGA治療薬の代表はフィナステリドとミノキシジルで、市販の育毛剤の中にも使用されている成分です。このフィナステリドを主成分にしたプロペシアはとくに有名で、病院やクリニックで処方される飲む育毛剤です。このプロペシアは一ヶ...

≫続きを読む

 

AGA治療薬ザガーロとは?

AGA治療薬のザガーロは最も新しい治療薬で2015年の9月28日に承認、2015年11月24日からGSK社から発売されたAGA治療薬です。ザガーロは0.1mgと0.5mgの2種類があり、主成分はデュタステリド。AGA治療薬で有名なプロペシアと同じ5-αリダクターゼを抑制する効果を持っているのですが、...

≫続きを読む

 

フェステナリドの効果と副作用

フィナステリドは、AGA治療薬のメインとして処方されているプロペシアの主成分のことをいいます。このフィナステリドには、AGAの主な原因である男性ホルモンを抑制するという効果を持っています。もともとは、男性型脱毛症とはまったく関係のない前立腺がんや、前立腺肥大症などの治療に使われていた薬だったのですが...

≫続きを読む